採用イベントから効率よくエントリーへ 急成長ベンチャーの新たな採用チャネル

導入事例

  1. TOP
  2. 導入事例
  3. 採用イベントから効率よくエントリーへ 急成長ベンチャーの新たな採用チャネル
2020.06.18

採用イベントから効率よくエントリーへ 急成長ベンチャーの新たな採用チャネル

株式会社フィエルテホールディングス 磯崎聡 様

フィエルテホールディングス磯崎様
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter
  • はてなブログ

従業員100名で営業アウトソーシング・飲食・Web・テレマなど、多様な事業を手掛けるフィエルテホールディングス社。リファーラル採用(既存社員からの紹介)で増員・成長してきた同社が、更なる拡大のために採用オウンドメディアを活用。今では、求人媒体への広告出稿とは別の、もうひとつの採用チャネルができたという認識をされています。人事の磯崎さんに詳しくお聞きしました!

人材採用で苦労していたことを教えてください

面接の場で、私たち人事担当者が会社説明をする時間が大幅に減りました。
そのぶん、求職者の方へのヒアリングや、質疑応答を通して入社意欲を高めてもらうことに時間を使える。面接の質が大きく向上しました。


私たちは営業アウトソーシング、飲食、Web、テレマーケティング、人材コンサルなど、多様な事業を展開するベンチャー企業。「なにかおもしろそうだから」と応募してくる方も。当社のことを理解してもらうために、面接の場で時間をさいて説明しなければならなかった。それがいまは、事前に採用オウンドメディアに目を通してくれているので、すべて省略できています。

採用オウンドメディアによって何が変わりましたか?

はい、採用イベントに出席してくれた方に向けて、採用オウンドメディア経由でエントリーするように導き、30名以上の応募があった月も。求人媒体への広告出稿とは別の、もうひとつの採用チャネルができたという認識です。


また、たとえば社長や私自身を含めた創業メンバーの座談会の記事などを読んで、当社の成り立ちを理解し、今後の成長を確信して応募してくれているので、入社後の定着率が、ほかのチャネル経由よりも高くなるのでは、と期待しています。

顧客事例フィエルテホールディングス様

株式会社フィエルテホールディングスの採用オウンドメディアはコチラ