【HIKOMA独自調査 Ver.01】<br/>人事106名に聞く「採用オウンドメディア導入断念の理由」

コラム

  1. TOP
  2. コラム
  3. 【HIKOMA独自調査 Ver.01】人事106名に聞く「採用オウンドメディア導入断念の理由」
2020.08.19

【HIKOMA独自調査 Ver.01】
人事106名に聞く「採用オウンドメディア導入断念の理由」

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter
  • はてなブログ

HIKOMA独自調査 Ver.01(2020年8月19日リリース)

採用オウンドメディア導入断念の理由、最多回答「運用が大変そう」で34.9%
一方、今後の採用戦略におけるオウンドメディアの導入希望は6割以上
~導入希望の理由1位は「自社にマッチした人材を獲得したい」~

採用オウンドメディアの運用支援サービス「HIKOMA CLOUD」を提供するイシン株式会社(本社:東京都新宿区 代表:片岡 聡)は、採用オウンドメディアの導入検討した経験があり、現在未導入である首都圏の経営者・役員・人事担当者106名を対象に採用オウンドメディア検討の実態調査を実施しましたのでお知らせいたします。


調査概要

調査概要:採用オウンドメディア検討の実態調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年8月7日〜同年8月11日
有効回答:採用オウンドメディアの導入検討した経験があり、現在未導入である首都圏の経営者・役員・人事担当者106名


採用オウンドメディア検討理由は
「自社の魅力がより正確に伝わりそうだから」が34.9%

「Q1.採用オウンドメディアを検討した理由を教えてください。(複数回答)」(n=106)と質問したところ、「自社の魅力がより正確に伝わりそうだから」が34.9%、「採用コストを下げられそうだから」が34.0%、「より多くの応募を獲得できそうだから」が23.5%という回答となりました。
・自社の魅力がより正確に伝わりそうだから:34.9%
・採用コストを下げられそうだから:34.0%
・求職者とのミスマッチを減らせそうだから:25.5%

・より多くの応募を獲得できそうだから:23.6%
・採用工数(面接時間など)を下げられそうだから:16.0%
・わからない:13.2%
・その他:1.9%


採用オウンドメディア導入を断念した理由は「運用が大変そう」

「Q2.採用オウンドメディアを導入するに至らなかった理由を教えてください。(複数回答)」(n=106)と質問したところ、「運用が大変そう」が34.9%、「初期費用がかかる」が29.2%、「ノウハウがなく成功イメージが湧かない」が26.4%という回答となりました。 ・運用が大変そう:34.9%
・初期費用がかかる:29.2%
・ノウハウがなく成功イメージが湧かない:26.4%

・サイトの立ち上げが大変そう:25.5%
・既存の採用手法が上手くいっているから:17.0%
・新しい採用手法に社内の理解&協力が得られない:16.0%
・わからない:7.5%
・その他:2.8%


今後の採用戦略において、採用オウンドメディア導入希望は6割

「Q3.今後の採用戦略において、採用オウンドメディアを導入したいと思いますか。」(n=106)と質問したところ、「とても導入したい」が2.8%、「導入したい」が58.5%という回答となりました。 ・とても導入したい:2.8%
・導入したい:58.5%

・あまり導入したくない:32.1%
・全く導入したくない:6.6%


導入したい理由は「自社にマッチした人材を獲得したい」が75.4%

「Q4.Q3で「とても導入したい」「導入したい」と回答した方にお聞きします。その理由を教えてください。(複数回答)」(n=65)と質問したところ、「自社にマッチした人材を獲得したい」が75.4%、「採用広告費を抑えたい」が46.2%、「厳選採用を行いたい」が26.2%という回答となりました。 ・自社にマッチした人材を獲得したい:75.4%
・採用広告費を抑えたい:46.2%
・厳選採用を行いたい:26.2%

・テレワークなど、新しい働き方に対応できる人を採用したい:20.0%
・求める人材像が複雑になり、従来の方法だと伝えることが難しい:18.5%
・その他:0.0%


まとめ

本調査では、経営者・役員・人事担当者が「採用オウンドメディアを導入検討した時の実態」を調査しました。採用オウンドメディアを導入することで「自社の魅力がより正確に伝わりそう」「採用コストを下げられそう」「より多くの応募を獲得できそう」と思われている回答が多かったものの、「運用が大変そう」という最多回答で導入を断念している実態が分かりました。

一方、今後の採用戦略において採用オウンドメディアの導入希望は6割おり、現在未導入であるものの、その関心の高さが伺えます。新型コロナウイルスの影響により企業のオンライン採用力がより問われていく時代において、母集団形成から動機形成までを自社資産で実現できる採用オウンドメディアの活用はより注目されていくかも知れません。


手軽に採用オウンドメディアが構築・運用が可能な『HIKOMA CLOUD』

『HIKOMA CLOUD』は、初期0円・月額4.98万円で、採用オウンドメディアの立ち上げから、メディア更新&運用・その後の採用マーケティング支援が受けられるクラウドサービスです。
リソースが足りない、コストがかけられないという企業のために初期費用ゼロ円で始めることができます。また、月次の分析レポートや定期打ち合わせで常に伴走支援していく、採用オウンドメディアに特化したサービスだからこそ、「運用が大変そう」「成功のイメージがわない」といった不安を解消することが可能です。メディア構築から採用マーケティングの支援まで、採用戦略を一気通貫で支援しています。ぜひお気軽に資料請求やお問い合わせください。