【HIKOMA独自調査 Ver.02】<br/>人事109名に聞く「採用オウンドメディアの採用効果」

コラム

  1. TOP
  2. コラム
  3. 【HIKOMA独自調査 Ver.02】人事109名に聞く「採用オウンドメディアの採用効果」
2020.08.21

【HIKOMA独自調査 Ver.02】
人事109名に聞く「採用オウンドメディアの採用効果」

  • Facebook
  • LINE
  • Twitter
  • はてなブログ

HIKOMA独自調査 Ver.02(2020年8月21日リリース)

採用オウンドメディア導入後に効果を感じている人は「約8割」
~自社の魅力が伝わりやすくなった・採用コストを下げられた・以前より多くの応募を獲得できるようになったという声が多数~

採用オウンドメディアの運用支援サービス「HIKOMA CLOUD」を提供するイシン株式会社(本社:東京都新宿区 代表:片岡 聡)は、採用オウンドメディアを導入している首都圏の経営者・役員・人事担当者109名を対象に採用オウンドメディア活用の実態調査を実施しましたのでお知らせいたします。


調査概要

調査概要:採用オウンドメディア活用の実態調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年8月7日〜同年8月11日
有効回答:採用オウンドメディアを導入している首都圏の経営者・役員・人事担当者109名


採用オウンドメディア導入理由「より多くの応募を獲得できそうだから」が40.4%

「Q1.採用オウンドメディアを導入した理由を教えてください。(複数回答)」(n=109)と質問したところ、「より多くの応募を獲得できそうだから」が40.4%、「採用コストを下げられそうだから」が37.6%という回答となりました。
・より多くの応募を獲得できそうだから:40.4%
・採用コストを下げられそうだから:37.6%
・自社の魅力がより正確に伝わりそうだから:36.7%
・採用工数(面接時間など)を下げられそうだから:31.2%
・求職者とのミスマッチを減らせそうだから:24.8%
・わからない:10.1%
・その他:5.5%


採用オウンドメディアの効果を感じる人は約8割

「Q2.実際に採用オウンドメディアを活用し始めて、何か効果を感じていますか。」(n=109)と質問したところ、「とても効果を感じている」が34.9%、「効果を感じている」が45.0%という回答となりました。 ・とても効果を感じている:34.9%
・効果を感じている:45.0%

・あまり効果を感じていない:14.6%
・全く効果を感じていない:5.5%


採用オウンドメディアの効果として「自社の魅力がより正確に伝わる」が49.4%

「Q3.Q2で「とても効果を感じている」「効果を感じている」と回答した方にお聞きします。その理由を教えてください。(複数回答)」(n=87)と質問したところ、「自社の魅力がより正確に伝わりやすくなった」が49.4%、「採用コストを下げられた」が46.0%という回答となりました。 ・自社の魅力がより正確に伝わりやすくなった:49.4%
・採用コストを下げられた:46.0%
・以前より多くの応募を獲得できるようになった:41.4%

・採用工数(面接時間など)を下げられた:27.6%
・求職者とのミスマッチが減った:25.3%
・その他:11.5%


効果として「会社のビジョンや方針を理解したうえで応募してくれる」「応募が増えた」などの回答も

Q2で「とても効果を感じている」「効果を感じている」と回答した方に、「Q4.Q3で回答した理由以外にあれば、自由に教えてください。」(n=60)と質問したところ、「会社のビジョンや方針を理解したうえで応募してくれるため」「希望の人材を時間をかけずに採用できた」などの回答があがりました。

<自由回答・一部抜粋>
・35歳:会社のビジョンや方針を理解したうえで応募してくれるため
・46歳:応募が増えた
・58歳:今年度は説明会が会場で実施できないため
・63歳:面談時に会社への理解が以前より進んでいることが分かる
・62歳:希望の人材を時間をかけずに採用できた


採用オウンドメディアに注力していきたいと考える人は86.2%

「Q5.今後の採用戦略において、より採用オウンドメディアに注力していきたいと考えていますか。」(n=109)と質問したところ、「強く考えている」が36.7%、「考えている」が49.5%という回答となりました。 ・強く考えている:36.7%
・考えている:49.5%

・あまり考えていない:8.3%
・全く考えていない:5.5%


採用オウンドメディアの効果向上のため注力する点は「コンテンツの質向上」が54.1%

「Q6.今後、より採用オウンドメディアの効果を高めるためには、注力すべきポイントは何だとお考えですか。(複数回答)」(n=109)と質問したところ、「コンテンツの質を上げていく」が54.1%、「コンテンツの量を増やしていく」が35.8%という回答となりました。 ・コンテンツの質を上げていく:54.1%
・コンテンツの量を増やしていく:35.8%
・求人情報の磨き込みをする:35.8%

・データを分析してPDCAを回す:29.4%
・求人検索エンジンを有効活用する:28.4%
・SNSを有効活用する:28.4%
・リファラル採用に有効活用する:22.9%
・他社の成功事例からヒントを得る:22.0%
・わからない/特にない:7.3%
・その他:1.8%


まとめ

本調査では、経営者・役員・人事担当者に対し、「採用オウンドメディアの導入理由と効果」を調査しました。採用オウンドメディアを導入した理由の上位は、「より多くの応募を獲得できそうだから」「採用コストを下げれそうだから」「自社の魅力がより正確に伝わりそうだから」。また、導入後に感じている効果でも、同様の回答が上位を占めており、約8割が導入時に求めていた採用効果を実感している結果となりました。

母集団形成から動機形成までを自社資産となる採用オウンドメディア活用していくことで、「自社にマッチしたいい人財を採用する」「採用コストを下げていく」といった採用課題を解決していける企業が増えていくかも知れません。新型コロナウイルスの影響により企業のオンライン採用力がより問われていく時代において、採用オウンドメディアはこれからの採用戦略の鍵となるでしょう。


手軽に採用オウンドメディアが構築・運用が可能な『HIKOMA CLOUD』

『HIKOMA CLOUD』は、初期費用0円・月額費用4.98万円で、採用オウンドメディアの立ち上げから、メディア更新&運用・その後の採用マーケティング支援が受けられるクラウドサービスです。

リソースが足りない、コストがかけられないという企業のために初期費用ゼロ円で始めることができます。また、月次の分析レポートや定期打ち合わせで常に伴走支援していく、採用オウンドメディアに特化したサービスだからこそ、「運用が大変そう」「成功のイメージがわかない」といった不安を解消することが可能です。メディア構築から採用マーケティングの支援まで、採用戦略を一気通貫で支援しています。ぜひお気軽に資料請求やお問い合わせください。